トム・オッペンハイム ステラアドラー・スタジオオブアクティングCEO

スクリーンショット 2014-03-03 1.21.57

It is my whole-hearted pleasure to proclaim my support for DREAM SEEDS, the entity that will succeed the Actors Clinic, organization of my friend and collaborator, the late great, Toshi Shioya. DREAM SEEDS will be headed up by Mr. Shioya-san’s most gifted student, mentee and friend, Kajiwara Ryosei.

For those who knew Toshi I think you’ll agree with me that DREAM SEEDS is the perfect name for an actor training studio committed to carrying on Toshi’s spirit. He was a creator and fulfiller of dreams. For those of you who know Mr. Kajiwara Ryosei you will agree with me that he is the man for the job.

At Mr. Shioya’s side for all of this activity was his student and friend Kajiwara Ryosei. However my relationship with Kaji goes back considerably father. In 2008 Kaji auditioned and was accepted to our two year professional Evening Conservatory program. Kaji graduated from that program having established himself as a gifted actor and dedicated student of acting and of the theater. The last thing he said to me when he left New York and

returned to his native and beloved Tokyo was, “we will work together as colleagues someday.” He was right. It was Kajiwara that quietly navigated and arranged my connecting with Mr. Shioya.

In addition to being a strong and capable actor he is a wonderful director and teacher. He brilliantly directed the first production of Hikobae and has directed continually in Japan since then. He also teaches. He possess a full understanding of the techniques developed by Stella Adler and employed at the Stella Adler Studio. I am very excited to join arms with Mr. Kajiwara Ryosei and fully endorse his efforts and DREAM SEEDS. Long live, Toshi

Shioya, long live DREAM SEEDS.

Tom Oppenheim
Artistic Director
The Stella Adler Studio of Acting

 

敬愛するビジネスパートナーであり親友であった塩屋氏の分身とも言えるアクターズクリニックが、彼の最高の生徒であり弟子であり友人であった梶原氏によって受け継がれることを、心から光栄に思います。

「プロの俳優が継続的にトレーニングを受けられる場を」という塩屋氏の遺志を受け継ぐにあたり、塩屋氏の偉業を良く知る人であれば、「ドリームシーズ」という名称が極めて相応しいということ、そして梶原氏を良く知る人であれば彼がまさにその遺志を受け継ぐ人物であることは言うまでもありません。

梶原氏は塩屋氏の弟子として、友人として、あらゆる活動を支えてきました。私と彼との出会いは2008年に遡ります。彼は私が面接を担当していたステラアドラースタジオのフルタイムイヴニングプログラムのオーディションに現れ、見事合格。そして2年の月日を経て、彼は才能溢れる俳優として、演劇と舞台にその才能を捧げた生徒として、同プログラムを卒業しました。彼はニューヨークを離れ故郷である東京へ旅立つときに私に言いました。「いつの日か、パートナーとして仕事をしましょう」。彼は正しかったのです。私と塩屋氏を水面下で引き合わせてくれたのは、他でもない梶原氏だったのです。

彼は、骨太で包容力のある俳優であると同時に、素晴らしい演出家であり、そして指導者でもあります。彼は(国連本部とアルヴィンエイリーシアターで行われた)舞台「HIKOBAE」の初演を見事に演出し、帰国後も凱旋公演を果たしました。そしてまた、指導者として彼は(私の祖母である)ステラアドラーが提唱し、現在もステラアドラースタジオで継承されているアドラーテクニックを完璧に体得している人物でもあります。

ここに、梶原氏、ドリームシーズ、そして塩屋氏の遺志を、心から支援していきたいと考えます。

ドリームシーズ、そして塩屋俊よ、永遠に。

 

トム・オッペンハイム
アートディレクターステラアドラー
スタジオオブアクティング