ステラ・アドラー・スタジオ・オブ・アクティング in 銀座九劇アカデミアワークショップ開催のお知らせ

Stella_Adler_Japan_設立告知A4Stella_Adler_Japan_設立告知裏A4

ステラ・アドラー・スタジオとの提携企画第一弾、主任講師ロン・バラス氏による12月のワークショップ詳細が決定いたしました!会場は、今回ステラ・アドラー・ジャパンのワークショップに関して全面的なコラボレーションをいただいているレプロエンタテインメント様が運営する「銀座九劇アカデミア」での実施となります!!
ワークショップに関する詳細は、銀座九劇アカデミア公式サイト(https://asakusa-kokono.com/academia/2017/04/id-2615)でもご確認いただけます。

◇会場:銀座九劇アカデミア

◇スケジュール

12月13日(水) プロフェッショナルクラス 11:00 – 17:00
レギュラークラス 18:00 – 21:00
12月14日(木) プロフェッショナルクラス 11:00 – 17:00
レギュラークラス 18:00 – 21:00
12月15日(金) プロフェッショナルクラス 11:00 – 17:00

12月16日(日) プロフェッショナルクラス 11:00 – 17:00
レギュラークラス 18:00 – 21:00
12月18日(月) プロフェッショナルクラス 11:00 – 17:00
レギュラークラス 18:00 – 21:00
12月19日(火) プロフェッショナルクラス 11:00 – 17:00
レギュラークラス 18:00 – 21:00
12月20日(水) プロフェッショナルクラス 11:00 – 17:00
レギュラークラス 18:00 – 21:00
12月21日(木) プロフェッショナルクラス 11:00 – 17:00
12月22日(金) レギュラークラス (発表会) 13:00 – 16:00

◇定員及び受講料

レギュラークラス(6日+発表会) 定員30名/108,000円(税込)

プロフェッショナルクラス(8日) 定員20名/162,000円(税込)

◇レギュラークラスレッスン概要
レギュラークラスは、演技の構造をゼロから習得できるよう、レッスン内容もひとつひとつブロックに分けて丁寧に積み上げていくといった進め方になります。具体的には、「理由付け」を3つのレベルに分けるといった内容になります。
(1)なぜそこで自分は「動く」のか。
(2)自分がそこにいる「目的」は一体何なのか(過去と現在のストーリーの構築)。
(3)そこで自分が何かをする理由を完全に把握した上で、なぜ「今」それを実践しなければならないのか(即応力/現場レベル)。

◇レギュラークラスレッスン構成
①1日目
「生きることは学ぶこと」
先入観についての考察
知ることについての考察
精神の浄化

②2日目
理由付けについて(3段階)
脚本の構造を理解する
過去と未来を埋める

③3日目
目的について
「中身の入ったトランク」
「中身の入っていないバッグ」
「空港ラウンジにて/カヴァードエントランス」(理由付けレベル1)

④4日目
登場人物にストーリーを創り上げる(理由付けレベル2)
フライトを待つシーンの実践
3人のパートナーと/それぞれの相手に対する態度の変容
台詞を使って実践

⑤5日目
ブロッキングの実践
台詞の実践(段落①―間接的アクション)
台詞の実践(段落②―直接的アクション)

⑥6日目
本番を想定したリハーサルの実践(衣装、小道具、セットを可能な限り用意して)

⑦7日目
ショーケース(指輪をなくした人物を一名のみ選定の上で実践)
質疑応答

◇プロフェッショナルクラスレッスン概要
プロフェッショナルクラスは2つのパート(インディヴィジュアルワークとパートナーワーク)に分けられています。二種類の台本から、ふたつのシーンを選んでいただきます。一方のシーンは、あなた自身が取り組みたいシーンを選んでいただきます。レッスンではそのシーンを撮影しますが、シーンパートナーと演じるのではなく、例えばオーディションでの演技のように、相手役のセリフを渡す読み手とシーンを進めていただきます。このワークによって、あなたの演技テクニックがどのような状況かを検証し、それに応じて適切なアドバイスをいたします。
その際、撮影されたご自分の演技を一緒に見て、もともとの演技をより具体的で明確なものにするための適切な改善方法(テクニック・スキル)を習得することができます。
そして再び撮影し、その違いや改善点を検証していきます。
もう一方は、実際にパートナーと事前に準備した上で、例えば舞台本番を想定した稽古のように行っていただきます。シーンでは、可能な限りセットや小道具、そして衣装などを用意して臨んでいただきます。
この方法によって、映像、そして舞台というふたつの異なる現場を想定することができ、受講者の皆さんはそれぞれの現場でどの演技能力を発揮すべきかを理解することができます。

◇プロフェッショナルクラスレッスン構成
①1日目
受講者全員を対象とし、アドラー&バラスアプローチのオリエンテーションを行います。
(当方が用意する)読み手をパートナーにして受講者本人が選んだシーンを実践、その模様を撮影、その後撮影した映像を検証します。

②2日目
引き続き映像の検証を行い、演技方向性の改善すべき点を指摘いたします。

③3日目
実技において演技を改善していきます。

④4日目
引き続き実技において演技を改善し、それを撮影します。

⑤5日目
個別に選んだシーンを完成させます。
そして今度はパートナーとペアで行うシーンと配役を決定します。

⑥6日目
パートナーとのシーンを、小道具や衣装を可能な限り準備した上で実践していただきます。

⑦7日目
引き続きパートナーとのシーンを実践していただきます。

⑧8日目
全ての(パートナーとの)シーンを完成させます。

尚、いずれのクラスも通訳がつきますので、英語が喋れない方でも受講いただけます。もちろん英語で直接やりとりいただくのは大歓迎です!ステラ・アドラー・スタジオが、向こうからやって来る!!この機会、お見逃しなく!!!

■ステラ・アドラー・ジャパンについて(アクターズクリニック)
http://actors-clinic.info/category/stellaadlerjapan/

■ステラ・アドラー・スタジオ公式サイト
http://www.stellaadler.com/…/studio-partners-with-dream-se…/

■ワークショップ詳細(銀座九劇アカデミア)
https://asakusa-kokono.com/academia/2017/04/id-2615