Kamakaji GROUP THEATRE 第3回本公演【二十日鼠と人間~Of Mice and Men~】公演のお知らせ

○GROUP THEATRE 第3回本公演○
『二十日鼠と人間~Of Mice and Men~』上演のお知らせ
来る5月31日(水)~6月4日(日)、アクターズクリニック代表の梶原涼晴演出の
舞台「二十日鼠と人間~Of Mice and Men~」が上演されます。
当アクターズクリニックの生徒、スタッフも出演いたします。
是非、この機会に劇場へ足をお運びください!

nezumi_ningen

GROUP THEATRE 第3回本公演
『二十日鼠と人間~Of Mice and Men~』
原作:ジョン・スタインベック
翻訳・脚色:梶原涼晴
演出:梶原涼晴

◇劇場:ウッディシアター中目黒(東京都)

◇期間:2017/05/31 (水) ~ 2017/06/04 (日)
5月31日(水) 13:30 A/18:30 B
6月1日(木) 13:30 B/18:30 A
6月2日(金) 13:30 A/18:30 B
6月3日(土) 13:30 B/18:30 A
6月4日(日) 12:30 A/16:30 B

◇上演時間:約2時間40分(途中休憩10分含む)を予定

◇チケット料金:前売4,000円/当日4,500円(※発売日:2017/05/01)
◇予約:https://ticket.corich.jp/apply/82728/

◇あらすじ:1930年代、大恐慌時代のカリフォルニア州。いつか自分たちの農場を持つという夢をもつ出稼ぎ労働者、ジョージとレニーはいつも共に行動している。しかし、頭の回転が悪い大男のレニーがいつも問題を起こすためひとつの場に居つくことができず、数々の農場を渡り歩くはめになる。そんな2人がたどり着いた新たな働き口で、働き者で賢いスリム、ボスの息子のカーリー、美しさと美貌を兼ね備えるカーリーの妻、下品で無神経なカールソン、多額の貯金を持つ片手が無く孤独な老人キャンディー、黒人であるがために賢くとも馬小屋に住まわされているクルックス等に出会い、生活を共にしてゆく。ジョージはいつもレニーに彼の夢を語っていた。そしてある日、キャンディーの右手を失った際の資産によって、ジョージとレニーの夢が現実味を増す。しかし夢の実現を前に、2人に悲劇が訪れる・・・。ノーベル文学賞受賞作家、ジョン・スタインベックが初めて舞台の戯曲として取り組んだと言われている不朽の名作。

◇出演:高橋ひろし(キャンディA&B/文学座)、梶原涼晴(レニーA/GROUPTHEATRE)、北見翔(スリムA&ジョージB/GROUPTHEATRE)、金澤健太(クルックスB/GROUPTHEATRE)、小池利一(カーリーB/GROUPTHEATRE)、杉渕優志(ウィットA/GROUPTHEATRE)、井上修(カールソンA/GROUPTHEATRE)、寒川綾奈(カーリーの妻A/エイジアプロモーション)、岩永ゆい(カーリーの妻B)、岸田研二(ジョージA/サーブプロモーション)、雷太(レニーB/ディヴァイン)、鬼塚庸介(スリムB/ブロッサムエンターテイメント)、五十嵐健人(カールソンB/ボックスコーポレーション)、井上健太(クルックスA/ブロッサムエンターテイメント)、甲斐直人(カーリーA/アーティストボックス)、小川裕輔(ウィットB/アーティストボックス)、仮屋ルリ子(クララA&B)
※A,B,はダブルキャストの別です。

◇その他注意事項
※未就学児入場不可。
※6月5日(月)14:00~17:00にて、故・塩屋俊監督を偲んでアクターズクリニック受講生によるショーケース「Shakespeare Omnibus」を開催いたします。
※稽古場日記、公演詳細に関しては、GROUP THEATREオフィシャルブログhttps://ameblo.jp/kamakaji-elephantman/entrylist.html)、FB ページKamakaji Lab)、CoRich公演情報http://stage.corich.jp/stage_main/66971)にて随時更新、お知らせをさせていただきます。
※公演に関するお問い合わせは、actorsclinic.tokyo@gmail.com宛にメールをいただくか、03-6383-4770までお電話くださいますようお願い申し上げます。(留守番電話になってしまった場合は、お手数ですがご連絡先とご用件をご伝言いただければ担当者より折り返しご連絡させていただきます)

◇スタッフ:舞台監督/齋藤亮介、照明/鈴木伸宏、音響/三木大樹、美術/佐藤朋有子

◇協力:株式会社エイジアプロモーション、株式会社ボックスコーポレーション、ブロッサムエンターテイメント、株式会社ディヴァイン、有限会社アーティストボックス、株式会社サーブプロモーション、KAIJU INC., Samuel French Inc., (順不同)