◆谷内田彰久監督実践演技ワークショップ(9/24,27)開催のお知らせ◆

谷内田監督WSチラシ

【谷内田彰久監督実践演技ワークショップ(9/24,27)開催のお知らせ】

このたびアクターズクリニックでは谷内田彰久監督を講師に招いて、実践的な演技を体験出来るワークショップを開催いたします。本ワークショップは、谷内田監督が今後プロデュースされる作品へのキャスティングが最も大きな趣旨となっておりますので、非常に実践的なワークショップになると思います。ぜひこの機会にご参加ください!

◆開催概要
台本解釈:与えられた台本解釈について、自由にディスカッションを行い、役のノルマや目的、とるべきアクションについて可能性を探る。
演技実践:自分なりの台本解釈に基づいて、演技の可能性を拡げていくことを主眼として演技を実践。「正解」よりも、ひとりひとりの可能性を探る。

◆日時    9月24日(日)15:00~18:00・9月27日(水)18:00~21:00 ※2日間

◆受講料   ¥15,000 (上記日程両日セットでのお申込み・事前のお振込みとなります)

◆申込締切  9月20日(水)
※締切日前に定員に達した場合はお断りさせて頂く場合がございます。予めご了承ください。

◆お申込み
ホームページのお問い合わせフォーム、または件名に「谷内田彰久監督WS受講希望」と明記の上actorsclinic.tokyo@gmail.comまでお申込みください。本文には必ず【お名前・性別・ご年齢・事務所にご所属の方はご所属先・連絡先電話番号】以上をご明記ください。受付確認後、事務局より折り返し確認のメールを返信いたします。

◆開催場所  アクターズクリニック代々木スタジオ 渋谷区代々木1-31-15さくらビルB1(JR代々木駅徒歩2分)

◆講師紹介  谷内田彰久監督
映画、ドラマ監督・プロデューサー。WILD PLANET所属。大阪芸術大学映像学科卒業後、深夜ドラマ制作に携わる。24歳の時にドラマ『苺リリック』を担当し、監督として独立。以降『天使のココロ』『僕の彼女にプレゼンします!』『ヒーローズ』『あいまいな殺人』『助っ人チェリー』など、TVを中心にドラマやCMなど年間200本近い作品の制作に携わる。2016年10月MBS/TBS放送テレビドラマ『拝啓、民泊様。』の原作および監督を務め、2017年5月27日には初の劇場長編映画監督作品となる『ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど』が公開された。最新監督作はcomicoの人気マンガの実写映画化作品『爪先の宇宙』。