【Stella Adler Japan】2019 WINTER INTENSIVE WORK SHOP 開催のお知らせ

【WINTER INTENSIVE STELLA ADLER WORK SHOP Vol.1&Vol2 開催のお知らせ】

“Acting is in everything but the words.” – STELLA ADLER –
日本には素晴らしい才能と情熱を持った俳優が数え切れないほどいます。でも中には、真剣すぎて、かしこすぎて、台詞や先入観に縛られてしまって、自由でいられないことがある、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。イマジネーション溢れる俳優であるためにテクニックを学ぶことはとても大切。でも、そのテクニックが自分自身の一部になるまで馴染ませるには、いくつかコツがあるのではないかと感じています。
今まであまり開催してこなかったオープンクラスでの開催となりますので、ご興味のある方はぜひこの機会に代々木スタジオへ。

2019年末WS2019年末英語WS

WINTER INTENSIVE STELLA ADLER WORK SHOP Vol.1
テクニックに縛られないためのテクニック
Lectured by RYOSEI KAJIWARA from Stella Adler Studio of Acting New York
2019.12.17.Tue – 19. Thu

「アドラーは、俳優が自分の人生経験からくる記憶をそのまま演技に持ち込むことによって脚本の世界観を狭めてしまうことを頑なに嫌い、それよりも「創造力」の重要性を説きました。でも、このアプローチは、脚本から与えられた状況を役として完全に信じられるまでの途方もないリサーチを必要とします。これに相当の労力を注がなければ自分という小さな世界に逆戻りしてしまうから。そしてもうひとつ、アドラーは俳優が感情や台詞をそれらしく演じようとしないために「行動せよ」と叫びます。アクティングイズドゥーイング、です。今の日本人俳優の多くが、未だに台詞に縛られ感情に直行している現状を見るに、手放しで正しいと確信するところではあるのですが、殊学びの過程においては、この「行動」が生まれるプロセスを理解し、その引き出しを積極的に増やしていくためには、「事前の準備」が必要になります。これがまさに、演じている時間においてはクリエイティブで創造的な自分であることを妨げる「過去の記憶」になり代わる恐れがあるのです。例えば人によっては積み重ねた準備に固執するあまり、パートナー不在の一人旅をしてしまうことも。今回のワークショップでは、これら「先入観」になり得る要素をことごとく排除し、役を演じている時間は常に創造力に満ち溢れた自由なコンディションでいるための検証を、受講生の皆さんと一緒に議論しながらしていければと考えています。各日の講義内容は以下の通りです。皆さんと一緒に発見と創造の時間を共有できることを心から楽しみにしています」
ステラ・アドラー・ジャパン代表 梶原涼晴

①12月17日(火)14:00~17:00
>五感を使って、用意した「過去」ではなく常に「今」を優先する感覚を体験する
②12月18日(水)14:00~17:00
>身体を使って、先入観から自分を解放しクリエイティブな「創造力」の鍵を開ける
③12月19日(木)14:00~17:00
>即興を通じて、状況理解と創造力をもって「行動する」単純な構造を理解する

■受講料…18,000円(消費税込/三日間の受講)
■定員…12名
■会場…アクターズクリニック代々木スタジオ(渋谷区代々木1-31-15 さくらビルB1)
■お申込み…12月6日(金)までに、①お名前、②お電話番号、③メールアドレスをご記入の上、actorsclinic.tokyo@gmail.com宛にメール送信ください。受付確認後、事務局より受講案内をお送りいたします。尚、締め切り日前に受講定員に達した場合はその時点で受付を締め切らせていただきますので予めご了承ください。

WINTER INTENSIVE STELLA ADLER WORK SHOP Vol.2
SCRIPT READING & STUDY
Featuring KAI ISSEY from Stella Adler Studio of Acting New York
2019.12.17.Tue – 12.18.Wed

■開催概要…ステラ・アドラー・テクニックを継承する二人が、脚本解釈から役づくりまでのプロセスにおいて学んできたことを、スクリプトリーディングを通じて受講生の皆さんと丁寧に共有していくスタイルです。台本はお申込み受付後に事務局よりお渡しいたします。尚、「英語の台本に触れてみたい」、「海外での活動を目指している」といったことをお考えの方は、この機会にぜひ英語でチャレンジしてみてください。英語力は問いません。「まず、慣れた言葉で脚本解釈についてしっかり学びたい」という方は、もちろん日本語での受講でも大歓迎です。各日の講義内容は以下の通りです。

①12月17日(火)18:30~21:30
>脚本が伝えたいメッセージ(ビッグアイデア)と各シーンの主旨及び意義の探究
②12月18日(水)18:30~21:30
>脚本から与えられる状況の徹底的な把握、その状況に基づいたアクションの選択

■受講料…12,000円(消費税込/二日間の受講/併催の「テクニックに縛られないためのテクニック」を受講の方は6,000円(消費税込)にて受講いただけます)
■定員…12名
■会場…アクターズクリニック代々木スタジオ(渋谷区代々木1-31-15 さくらビルB1)
■お申込み…12月6日(金)までに、①お名前、②お電話番号、③メールアドレスをご記入の上、actorsclinic.tokyo@gmail.com宛にメール送信ください。受付確認後、事務局より受講案内をお送りいたします。尚、締め切り日前に受講定員に達した場合はその時点で受付を締め切らせていただきますので予めご了承ください。